毎日のちょこっとの幸せや出来事を記しています。


by kianchan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

日常。

f0182367_1314273.jpg

Ms君ママから写真が届きました。

真ん中のジッポは、おとりやんくんがMs君の退院の前日に
                    Ms君に託したものです。


このライターは、我が家が3年半前の12月。
いきなり独立をして、途方にくれていた頃に使い始めたライターだそうで、

この春くらいから、新しくジッポを新調していましたよ。

我が家の仕事も去年の12月1日から4年目に入りました。

石の上にも3年、、、。
とは、本当に良く言ったもんで、4年目に入った頃から、
少しだけ気持ちにゆとりが出てきました。

勿論、今もわたくしはバイトに出なきゃなりませんし、
「おかみさん業」1本に出来るには、まだ時間が掛かりそうです。

でもね、この3年半を振り返ってみると、いろんなことがありました。

お金にも苦しみましたし、
心無い業者に、ハメられた事もありました。

夫婦で、どんだけ~。
話し合ってきたことか。

電話帳と、もらったゼンリンの地図を開いて、
片っ端から建築屋さんやリフォーム会社にチラシを配ったり、

中学校のコンクールのパンフレットに協賛してみたり。

わたくしの働く会社のお客さんに、声を掛けてみたり。

どうしたら、存在を知ってもらえるか、
どうしたら、仕事が来るのか。

スーパーへ行っても、お金を使うことが怖いと思える時すらありましたよ。


でもね、真面目に必死でやってると、必ず認めてくれたり
助けてくれる人がちゃ~んといるんですねぇぇ。

現場で知り合った他の職人さんが、
        「おとりやん君じゃないと嫌なんだけど~。」
             って、言って貰えることも出てきました。

腐りそうになった時もありました。
もしかしたら、腐ってた時もあったかもしれません。

でも、そのたんび、起き上がって、這い上がってきました。

今も尚。決して裕福とは言えません。

でも、腐り切らずに、地道に、真面目にやって行くと言う事が
どれだけの結果をもたらすか、、、、。

と言うことを。

常に信じてきたから、今があると思うんです。

正直。
コドモが小さい時にサラリーマンを辞めて以来、
ずぅぅぅ~っと
下積み生活でやって来ましたので、
ボーナスとか、手当てとか、もらった事もありません。

今の前にやっていた防水の見習いの時は、おにりやんは幼稚園に行って居ました。

オヤジが仕事が取れなくて、給料が10万。なんて事は、当たり前の事でしたので、
                      少々の事ではビビりません(笑)




Ms君の病気は、私達一家にとてもショックでした。

Ms君の事が本当に大好きだからです。

仕事と、病気とは比較になりませんが、
おとりやんは、どうしても、苦しかったときに使っていたライターを
Ms君に持っていてもらいたかった様です。

退院したとは言え、病気のせいで筋肉は無くなり
今までの様に、手足の自由が利かない状態があります。

横断歩道も、変わる前に渡り切れなかったり、
服や靴が重くて疲れてしまったり、、、、。

これからが、本当の戦いになりますよ。


そんなMs君におとりやんくんは、
「このライターは、壊れても無くしてもいいでござるよ。」

「いつか、Ms君の仲間が、今のMs君のように何かに
            とてつもなく苦しんでおっちゃら、
                  このライターをあげてね。」

って言っていました。

Ms君は、本当に大切そうに、このライターを見つめて
               大きな両手で包み込んでいました。

おにりやんいわく、一番上のライターはMs君が生まれた年のライターだそうです。

この宝物に挟まれて、おとりやん君からのライターが大切にされていました。


Ms君。

かなり頑張って日常を取り戻そうとしています。

わたくし達一家は。
Ms君の幸せと、一日も早い回復を願わずにはいられません。
[PR]
by kianchan | 2010-07-11 02:24 | うれしいとか