毎日のちょこっとの幸せや出来事を記しています。


by kianchan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

サボテン置き場。

こんばんは。
f0182367_23132934.jpg

パソコンのモニターを

    くいっ

     とさげて、セレウスサボテンをここに置きました。

なんでも、このサボテンさんは、NASAでもお墨付きの
               電磁波を吸収してくれると言う代物らしい。

パソコンのところにはスペースが無いなぁ、、、。

と思ったけど、少し後ろにさげりゃ良いんぢゃ~ん。


デスクトップには、私が愛して愛して止まなかた、うさぎのサラちゃんです。

彼女とは、本当にココロが通じてた、、、、。

と言うより、もっとちゃんとしてあげれなかった事に
                  後悔しかありません。

それでも、サラは、私に絶大な信頼を置いてくれていて、
サラは、ずっと私を見ていたし、ココロを開いてくれていました。

実はサラが亡くなる2週間ほど前から、ナンとも言えない違和感がありました。

何となく、私はあまりサラに近づかず、サラも一定の距離で
                   やっぱり私を見ていました。

あの時、私がいつも通り近づいていたら、サラは今も元気だったかもしれませんね。

サラが生後半年の時に、院内事故に遭い、介護をしている間は、
ほぼ、ミシンを触ることも無く無くなり、ハンドメイドから遠ざかっていました。

2年半の介護を続けた頃、ネットで色んな型紙を目にしたり
作品を目にしてるうちに、
「そろそろ、またナニか作りたいな。」
と思い始めていたんですよ。

気持ちが、そっちに行き始めて間も無く。

サラはお月様になりました。

今もサラは、私の支えになっています。

サラは、粗相が無い為、ほぼ放し飼い状態で、ケージに入るときは
寝る時だったので、勿論ソーイングどころじゃ無かったしね(笑))

このデスクトップのサラは、一生このままです。


だから、我が家には、い~っつも4羽のうさちゃんが居るんですよ(^-^)

今もね、サラのニオイは覚えているし、
            毛触りも覚えています。

今も、3羽のうさちゃんが居ますが、サラの毛触りはチョ~スベスベで、
                    今も、この手の中にありますよ。

それでも、サラに触りたい。
チョビ・パフ・もこ 
そしてサラ。

みんな違う毛触りです。

             サラに触りたい。
[PR]
by kianchan | 2011-06-05 23:30 | 植物とか