毎日のちょこっとの幸せや出来事を記しています。


by kianchan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

21回目の結婚記念日。

昨日 になってしまいましたがわたくし達夫婦。
21回目の結婚記念日を迎えました(^ΨΨ^)ウヒッ

21年もよくまぁ、続いたもんだ、、、。
恋愛時代を合わせると、もうすぐ出会って24年になります。

忘れもしない、初めて出会った日の事。
思い出を結構カンタンに忘れるおとりやん君も
あの日の事は忘れていないもよう。




高校3年生の夏休み。
忘れもしない8月1日。

学校に職場から来てる就職あっせんの中から自分の入りたい(入れそうな)
会社を選ぶ為の出校日でした。

あたくしを含め、あたくしの周りも、そ~でない生徒も、
テキトウな高校生をやってたので、
「誰も行きひんわぁ。」
「あぁ。夏休みに、、、追試やら補習でも無いのに学校に行くなんて、、。
   おぉ、かったりぃ(--)」

と思いながら、いつものごとく朝方まで遊びほうけて
翌日はお天と様が高く昇って暑くなるまで寝て。
地元の友達んちへフラフラ出掛け。
短パンと草履を履いて、だらしない姿でどこかへ冷やかしに出掛けたりしながら
過ごしてたと思います。

今思えば、こんな不埒な性格がおとりやん君との出会いを作ってたとは、、、。

当時は思いもよりませんでした。


夏休みが開けて、2学期が始まり就職や進学に向けて3者面談がありました。

先公
「おまえは、、、。あの時に来てなかったから、
  もぉ、どこも無いぞ。(--)」


「それはすみません、、、。
   どこか無いでしょうか???」

先公
資料を指差して
「じゃぁ、あそこに置いてありますから、見て来て下さい。」


おかんが幾つかピックアップして、先生に相談に行きました。


「ココなんてどうでしょう??」

先公
「そこは、もぉ、行きたいやつが居るからダメ。」


「ココは??」

先公
「成績が無いから無理。」

なんて事をしばらく繰り返し


「(ーー)んじゃぁ、何処なら良いんですか!!!!」

あっし
「訳のわからん事言う前に、教えてくれ。」

、、、、と選ばれた会社がおとりやん君のいる会社でした。


あの時の担任。
相原。

フナみたいな顔した相原。

うちのクラスは誰一人として懐かず、話し掛けるヤツもいなかった相原。

話し掛けられても返事もしたく無いくらい可笑しいオーラをかもし出してた相原。


当時。
長く続ける気も無く、取りあえず就職すりゃ良いゎ。
と思ったけど、あれから25年経った今も同じ仕事してるんだよね(^^;)

あんな頃。
コイツ。
舐めてんのか???って思った相原。
のお陰で、おとりやん君とおにりやん君といもりやんちゃんに会えた。

                                      ヘンなの。

3月の後半2週間。
会社の研修で、同期が30人集まりました。
あの頃はバブル真っ只中。
中小企業なのに、新卒就職者が30人もいたんです。

研修最後の2日は現場体験で、
各自自宅から一番近い営業所を選んで、実際に現場を体験すると言う事でした。

そこで、おとりやん君に出会ったんです(^-^)

それはそれは優しくて、
本当に優しくて。

自転車で行ったあたくしは、お店に着いた時に
お店に居たおとりやん君に
「すみません、、、。」
と声を掛けました。

その時におとりやん君は
「迷子の中学生が道聞きに来た。」
と思ったそ~です。

                                  失敬だな!!

丁度春休みで、
どこかに出かけ様とした子が迷子になったんだな~。

って思ったそうな。



2日間の現場体験を終えて、研修最終日。

あたくし、
「あの人と一緒に働きたいから、あそこの営業所に行きたい(^0^)」
と部長に言いました。

部長って言ってもさ、
うちらは高校を卒業したばかりで、
研修をしてくれた部長さんは、
当時の私たちからしたら、学校の延長線で
担任の先生みたいな感じでしたのね。


あの時。
すでに配属先は決まってて、偶然にもソコだったのか、、、。

それとも、その様にしてくれたのか、
もともと決まっていなかったのか分かりませんが
おとりやん君のいるお店に配属になりました。


おとりやん君と付き合う事になったのには、
またちょっとした物語(?)がありますよ。

長くなちゃったので、

また、そのうち。  ね(*^-’)b

覚えてたらね(笑)

誰も聞きたか無いだろうケド(笑)



恋愛時代はホント楽しかった♪
「恋。」してたコトを思い出したよ。

おとりやん君に「恋。」してたんだね~(笑)

                             ヘンなの(^ΨΨ^)

あんな頃のあたしは、可愛かったゎ。

    いつの間にか、、、ゆがんだ(笑)

[PR]
by kianchan | 2012-02-04 01:59 | うれしいとか