毎日のちょこっとの幸せや出来事を記しています。


by kianchan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

いねかり

f0182367_22274064.jpg


9/7の日曜日に、いもりやんの相方を道連れに、「アフリカの田んぼ」に行きますた(^^)

こちらの田んぼは、武道の先生が指揮をお取りになっておみえで、
毎年5/5・・・・コドモノヒ
に「田植え」をいたしてお見えです。

「田植え」には過去に2度程の参加をさせていただきましたですが、
「稲刈り」はお初です。

子供からカマを取り上げて、あたすも、やってみたですよ。
そしたら、コレが面白い(^0^)
つい夢中になっちゃったんですに。


アフリカの恵まれない方々の為に、おコメをこさえて、稲刈りを済ませたら
参加した子供達が持ち寄った
ノート・鉛筆・消しゴム
と一緒にアフリカに送りますです。

ビックリするような送料が掛かる為、大人は一人1000円の寄付を致します。

このお米は、完全無農薬で、とてもこだわりのお米で、市場にはナカナカ出回る
ものでは無いそうです。
それを聞いて、とても嬉しい気持ちになりましたですよ♪

普段は、田んぼの持ち主の方が、お世話をして下さいます。
なので、あたす達は、最初と最後の面白いトコロ だけ 参加させて頂いちゃいました!

ノートにはお顔の写真を貼ってね(*^-’)b
、、、、と言われますが、あたすは、貼りません。

だって、アフリカのお子達は、着る物どころか、食べる物も無く、皮膚はただれ
栄養失調や、日本では簡単に治る病気で、命を落としていきますです・・・・。

奇麗な肌で、奇麗な服を着たあたすの子供達がニッコリと笑った写真を
あたすは貼る事は出来ませんでした。

アフリカの子は、きっと

「この子達は幸せそうで、良かった」

と思ってくれるに違いありません。
いつも、とても苦しい思いをしてきている彼らは、とても優しい心を持って
いると思うのです。
私達が、気づかずにいる当たり前の事が、彼らにとっては、計り知れない程
幸せに感じるのだと思います。

私達が普段何気に食べているおコメの味も、彼らはもっと深い味に感じて
食べているのだと思います。

こうしてお米を送っても、日本の人と同じ食べ方は出来ません。
ほんの少しのお米を、沢山のお水で炊くのです。

なので、あたすは写真が貼れませんですた。

絵でも、良かったと、、、、
気が付いた時には、時・・・・・。既に遅し・・・・ですた(^^;)

こうして、アフリカの子供達がいてくれているお陰で、田植えや稲刈りが
出来たという事に感謝したいと思います。

f0182367_2228742.jpg


相方といもりやんは、学校も学年も違います。

じゃぁ、何故に相方????

うんうん。不思議??

いやいや簡単(^-^)

2人は、武道をしておりますです。
今年の県の大会では県の代表になりましてですね。
これも、ひとえに、支えて下さった皆様や、熱いご指導をして下さった
先生。そして、いもりやんを引っ張ってくれた相方のお陰です。

お陰で、夏休みに中学生全国大会に参加の為、本部に行って来たです。

いもりやんは、非常に「キャシャ」です。
155cmなのに体重は40キロありません。
最近、また、背が伸びているようなので、益々細いです。
なので「スティック」と呼ぶ時があります。

細い体で、良く頑張りましたですに(^-^)

相方が来年は高校生になっちまうので、悩んでおりますです。
もぅ、一緒に「中学生全国大会」が目指せません・・・。

今後の事は先生にお任せしてしまいます。

それしかありません。

どうかお願いすますm(__ __)m先生!!!!
[PR]
by kianchan | 2008-09-18 23:16 | お出掛けとか