毎日のちょこっとの幸せや出来事を記しています。


by kianchan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:フッ。と思ったこととか( 4 )

紳助さん。

こんばんは。

ビックリしました!!


島田紳助さんが引退するっちゅ~ゆ~やないですか!!!!

                                  ショックです。

紳助さんの番組は良く見ていたし、あたくしは、あんな人が自分の身近にいたら


                    すごく良いなぁ。

と思っていたからです。

好き嫌いはあるかとは思いますが、あたくしはどちらかと言うと尊敬していました。

ヤンキーで出てきて、今や芸能界の頂点まで上り詰めて
        知らない人はいないくらい。
              若い芸人さん達を引っ張る兄貴分みたいな、、、、。

すごくもっともで、かつ、なかなか言葉で言い表せれない大切な事を、
おごりもせずサラッと植え込んでくれるような人だと思っていましたよ。

なので、今回の引退は、流れてくる会見の内容が全てだとしたら
紳助さんらしい、腹のくくり方なのかもなぁ、、、。
                                 と、思いました。

ヤンキーでデビューして、ここまで来るのに、相当の努力をして来た人だと思います。

もともと頭の良い人だとは思いますが、とにかく色んな事を勉強していて、
それが、もし、その場その場で勉強した内容だとしても、
あれだけの事を伝えたり出来る人は、そぅそぅいないと思いますよ。


週刊誌には、無いことを書かれたり、
芸能界という所に入る以上は避けられない事だとは思うけど、
あ~ゆ~人は、余計な事まで言われたりして、
              並みの精神力じゃやっていけないと思います。


話はズレますが、、、。
一般人でも、無いことを影で言われたりしてる人は一杯いて、
まして、芸能人ともなると、話がデカイ。
文章にして出回る。

とんでも無いことです。


団地に住んでた頃にね、あ~ゆ~所って、井戸端会議で人の悪口言うんだよね。

ありがたい事に、わたしのママ友はそ~ゆ~事に興味が無い人達で
会えば自分の子供の話題とか、若かりし頃の失態とか、
将来の話とか、はたまた光熱費の話題とか(笑)

な~んだ。TVで見るような井戸端会議とは違うじゃん(^-^)
と安心していました。

しかし、団地も建ってから年数が経つと、色んな人が出てくるんですよね。

子供が少し下のお母さん達から話される話題は
「ね~ね~。あそこんち  知ってるぅ~?? ( ̄ー ̄)b」

「あそこの奥さんはね~ ( ̄ー ̄)b」


       知らんし、、、。

               ど~でも良いし。

                    それがどうしたの??


「めッちゃ良く知ってるねぇ~。あたし全然知らんし。しかも、その人、知らんし(vv)」

『えー!!皆知ってるよ~。有名な話ぢゃ~ん♪
               でも、私から聞いたって言わないでね~(*^-’)b』

「みんな????言わないで????
でも、あたし、その人の事 すら 知らんし。
     知ってても興味無いし、多分聞いても話題にもならんし(^-^)」



しばらくしたら、
「ね~ね~。先日さー、kianchanにさ~、、、、。
                       あの人キツイよね~(--;)」

                            ってゆわれてんだろ~な~(笑)

オトコノヒトでも、皆で集まった時にそ~ゆ~事をゆうヤツがいたんだよね。

しかも、仲間うちでも、その人がいない時に
「あの人ってさぁ。」

って、ゆ~ヤツが!!!!!

だったら、付き合わんときゃ良いのに。


ナニか、嫌な事されたの?????
             って思っちゃう、、、、、、。

あたくしは、あまりにも失礼な事を言ってきたヤツとか、
あまりにも、言う事とやる事が伴わないヤツはキレーだけど、
それぞれ考え方や個性があるから、いちいちソレを噂のネタにはしたく無いんです。
(相談はしますけど、、、、(vv))))


多分そ~ゆ~人は、人の生活を見て、
「うちの方がまだマシだ。」
            と安心してるんだろうね。

噂話って~のは、尾鰭背鰭がくっついて
どんどん事実と違う事になっていって、素のヤツに戻ってきた時には
「こ~ゆ~事もあるんだってー!!」
って、話がでっかくなてたりして(笑)



なのでね、、、。
あたくしは、紳助さんを信じたいですよ。

もしも、これ以上に何かあったとしても、、、。
好き好んでそぅなった訳じゃ無いって事を分かってあげたいです。

紳助さんは
「人として。」
相手に感謝してたり尊敬してたりする部分があるようでした。
応援してもらったり、支えてもらった事があるのは事実だと思います。

本当の「悪人。」だったら、そんな事もしないでしょう。

わたくし達夫婦も、良く「人として。」て言う言葉を使いますので
何だか紳助さんの言いたい事が分かるような気がしました。


これから、違う形で活躍されるんだと思いますが、
どうか、紳助さんらしく生きてもらいたいと思います。


                        頑張ってね!!紳助さん!!!!
[PR]
by kianchan | 2011-08-24 00:54 | フッ。と思ったこととか

分からない。

TVで、原発の話し合いが流れています。

話し合い???じゃなくて、過去の「ほじくり会」


専門家や議員が集まって、
「◎△党には ■日 の ◎時△分 に連絡が来た。」
                       とか、、、、。

誰ソレさんが、あ~言った。こ~言った。
                とか、、、、。

あの時に、ど~して、こ~したのか。
                とか、、、、。


被災者の方は、そんな「ほじくり会」は望んでいないっしょ????
それとも、望んでるの????


なんで、これからの事を考えないの????

◎沢さんは、
「◎んさんだから、何も出来ない。
                    俺だったら、、、。」

なぁ~んてコトを言ってたけど、じゃ、やりゃ良いじゃん。

誰がやったって、100なんてナイんだからさ。

過ぎてからやりもしないコトを言うなっちゅ~の。


この番組を見出した時は、自然電力について話してたから、興味が涌いたけど
学のある良い大人が、今。
「ほじくり会」したって、しゃ~ないじゃん????

だから、世間知らずの天下り。
        って言われるんでしょ??

そ~言われるのが嫌だったら、キッチリやれや(`Д´)

あっ!!
ナンとも思わないから、今の政治があるのかっ。
                       ごめんごめん。
                         分かってたよ。


それにしても、、、。
被災者の一人一人が、明日を必死で見てるんだぜ?


結果がでないコトだってあるさ。
政府は、やれるだけの事を全力でやって下さいよ。

前代未聞の、非常事態なんだから、100%正しいやり方が分かるだんて
思ってないんだからさ。
ただただ、やりゃ~良いんだよ!!

ちっぽけな一般国民一人一人より、政治家はもっとちっぽけに見えるよ。


色んな作物が、広範囲で汚染されているけれど、
ソレを食べたからって、
病気を来たすとも言えないし、病気にならないとも言えないと思う。

普通(?)に生きてたって、癌にもなるし、、、。
あの人と、この人は、そっくりな生活をしてるけど、
片や癌にかかり、片やは脳梗塞??
もしくは、超~健康かもしれないし、

だから、放射能は怖いんじゃん????

でも、将来健康に被害を来たす可能性があるのなら、
                 全力で避けるでしょ??

まして、コドモがいたりしたら、全力で守るでしょ??



わたしは、20代の終わり頃に手術をしたけれど、
病気になった時に、あらゆる原因は調べましたよ。

占いの本みたいののには
「埋立地に住んでる人は、女性の病気に掛かりやすい。」
って書いてあったのを見て、埋立地に住んだコトも後悔したし(笑)

原因を調べた後は、もぅ、考えたってしょ~がない。

なっちまったんだから、、、、。
じゃ、どのようにして行こうか。
って、次を考えます。

わたくしには、可愛いいもりやんちゃんがいますので、
いもりやんちゃんが、その様な病気にならない様に、
「なりやすい生活」をしないように心掛けるため、
病気を知る事は、大切な事でした。


おとんが、胃癌になったけれど、最初は
「ど~して、、、。」
そんな思いばかりで、、、、。
        勿論色々調べもしました。

お酒を良く飲む。
お漬物や、干し物。塩辛い物を好んで食べる。

おとんは、幼少時代に、たいそうな貧乏をしていたので、その反動で
日頃から、カロリーを気にしたり、休肝日を作ったり、夜遊びを控えたり。
自粛をする人ではありませんでした。

「胃癌になりやすい人。」
の内容に、悉くHITしてたんです、、、(^^;)

それでも、今は、必死で生きています。

手術をして、薬を飲んで、放射線治療を受け、抗癌剤を投与して、
今は科学治療をしています。

「科学治療」で、癌になるんじゃね????

                  って思います(^^;)

体毛は抜けて、肌はくすんで、爪は変形して、全身蕁麻疹に見舞われ、、、。

これだけ進んだ時代に、何で体内に出来た「おでき」を治す技術がないの??
                              と思います。

昔、書いた事があったけど、
「ホントは、もう開発されてるんじゃないの??」

高額な医療費を、癌の患者からせしめ取ってるようにしかオモエナイ、、、。

話はズレちゃったけど、、、、。

「今から。」
の事をもっと考えて欲しいなりね。
[PR]
by kianchan | 2011-05-28 03:00 | フッ。と思ったこととか

Ms君ママ。

f0182367_8364328.jpg

まずは、余談ですけれど、

すんげ~綺麗な夕焼け小焼けが見えた日に写した1枚。

f0182367_8375376.jpg

ベランダから、右のほうを覗いて見ないと見えないので、
いつもはスルーしてるかもしれない夕焼け小焼けです。



さてさて。

いつも話題のMsくんママ。

わたくしは、ブログをやってる事は顔見知りには秘密にしてて、
誰にもナイショです。

普段は言えない事を書いたり、あんぽんちん 加減がバレてしまうので
誰にも教えるつもりはありませんでした。

モチロン。これからも教えるつもりはありません。


しかし、、、、。

ど~言うわけか、Ms君ママには、

        「アホさ加減を見ておくれ~。」

と思っちゃったんですよね。

何故???   なぜぇ~?????


何年も前から存在は知ってたし、
子供同士の関わりはもぅ古いし、
拳法界での関わりは大先輩なので、Ms君ママの顔は広くて
色んな先生から
「お洒落さんなんだ。」

とか。

良く聞いていたんですんよ。

用事で、道場に訪れたり(Ms君にお茶を請求されたり(笑)))
挨拶したりしてるうちに、この春から急激に仲良し(*´ -`)(´- `*)に。

わたくしにとっては、若干遠い存在だったMs君ママなのですが、
こんなに一瞬にしてココロを開ける人に出会うのは
そぅそぅある訳ではありません。

お年は、あたくしよりちと、、、、おねいさん。

でも、年下と思える。

てか、子供?????

いつも、テンションが良い感じに保たれてて、
優しくて、面白くて、話を聞いてくれて、頼りがいがあって

 だのに、頼りない、、、。

    つまり、年上な感じがしない。

      と言うか、「上から目線」を感じない(^^)

むしろ、あたくしの方が上から目線?????



あたくし、女の人。

                 苦手、、、(uu。)

どっちかつぅと男の人と話してた方が楽です。

「男っぽい。」とか「女のいやらしいトコロが嫌い。」
           だと言う女の人に随分関わってきたけど、

大抵、そういう人は、おんなのヤラシサ満載で、
グチグチ面倒くっさい場合が多いけんど、
          (あたしも、そぅ)

Ms君ママは、まさに男っぽい。


多分、ココロん中では色々悩んだり、苦しい事も沢山あるんだろうけど、


小学生や中学生だった頃みたいな感覚で付き合える。

                       そんな人です。


保母さんをしてるのですが、
絶対一緒になって遊んでるよ。
むしろ、園児より楽しんでるかも????(笑)

びっくりする位ピュアな人で、素直で、かわいらしいんよ。

                  そんな人にあたすも、なりたい。
[PR]
by kianchan | 2010-10-27 09:02 | フッ。と思ったこととか

いのち

この1ヶ月ちょっとの間に、あたくしは、生涯で一番「いのち」を考えた。


いのち、、、、、、、、、。


いのち、、、、、、、、、。


人は、生まれてきた日から今日の日まで、
        「自分にしか無い経験」をしてる訳で、、、、、。

あの人の人生は、私ではないし、わたしの人生はあの人ではない。


いつか、スイッチが切れる時。
その先はどうなるんだろぅ、、、、、、。
その人にしか分らない空気の匂いや、

遥か遠い過去の記憶。

あの時の感情。

あの時に、思ったことや感じたこと。

その人にしか分らない、その人だけの物。

ソレは、一体何処へ行くんだろう、、、、、、、、、、、、、、、。


ただ、それだけの事を、

単純に、ただそれだけの事を、

1つも。何も。答えなんて出やしない事を、

何度も、何度も思いました。



おとん。何十年も前。

校庭で遊んだあの記憶。

近所の八百屋さんの、あの棚にあったウインナー。

兄弟が生まれた日のこと。

喧嘩をして大怪我をした事。

結婚をして、独立をして

子供が出来て

巣立たせて

孫が出来遊んだ事。


それは、おとんの立場で見たり感じたりした事で、

横にいた、あの人の記憶ではなく、勿論わたしでも無く

紛れもなく、おとんの記憶なのだ。

わたしには、わたしにしか分らない記憶が沢山あって、

みんなには皆の沢山の瞬間がある。


いたって当たり前のことで、生と死とはいつも、隣り合わせ。


でも、スイッチが切れる、、、、、、、と言う事は、、、、。

どうなるんだろぅ。


スイッチが切れてしまったら、

残された時に、会えなくなる辛さや、声が聞けない事もだけれど、

それよりも、


スイッチの切れた後、その人はコレカラどうするんだろう????

と、思った。



さいきん。おとんは、やたらと、うちの仕事を心配する。

「仕事はあるか????
      オマエが社長みたなもんだでな。
            ちゃんと亭主の尻を叩けよ!!!!
                    嫌でも尻。叩けよ!!!!」

決して「楽」ではない生活を20年も続けて、余裕の無い、先の見えない
うちの事 をやたらと心配する。

いや。ソレは今に始まった事じゃないんだけれど、

男だけに、黙って見守ってきただけで、常に心配してきた訳で

おとんは、嫌がられても、嫌われても、「私の」ケツを叩く事にした訳だ。



仕事だけが、人生ではないけれど、


おとんは、その日暮らしの両親に育てられ、
給食は食べれず、時間になるといつも、校庭で遊んだそうだ。
全校生徒にもぅ1人。
そういぅ子がいたそうな。

幼少の頃。食べるものが無く、雑草を食べて凌いだ時期もあったとか。


おとんは、今で言う、コドモの年に社会にで出て、営業マンになったのだけど、
売り上げ「トップ」にも係わらず、学歴が無い事で給料は最低賃金だったそうで、
納得が行かず、おかんとケッコンする時に、おかんのじいちゃんに
             3年後の30歳に独立をする。と宣言したそうな。

わたしの記憶では、いつも、いつも、、、、。
夜中まで働いていた。

とにかく、働きずめで、本当にちっちゃな頃は、働く両親しか知らない。

その頃の父との思い出は、歯磨きを教えてもらった事と
三輪車を数件先のお店へ、一緒に取りに行った事。
お風呂屋さんでの思い出。
マズイ。バターケーキでBDのお祝いをしてくれたこと。
大晦日に、初めてのカップヌードルを食べた事。

幼稚園までの思い出は、それだけだ。

それらの事は、あくまでも、「わたしの記憶」や「におい」で
おとんの、記憶や匂いとは、また目線が違うわけである。

もぉ既に、ココにこうして、それぞれ違った感じ方はある訳で
それぞれにとって、大切な「記憶」として残っているんだね。




お正月も、仕事をしていたし、おかんの実家へ集まる時は
親戚の人が、兄貴と私だけを先に連れて行ってくれました。

年々。係わることは増えてきましたが、
              やっぱり、忙しい両親でした。

あたくしが生まれた頃は、じいやは居なくて、ばあやだけでした。

働く事がキライな ばあやは、おとんに小遣いをもらい、
養ってもらい、年金をもらい、娘達にそのお金を使い
やっぱり、
「その月暮らし」を続けていました。


おとんと、おかんが頑張ったお陰で、私たちは美味しい物を食べ
沢山、旅行へも行きました。


忙しい中にも、時間がある限り、旅行に行ったり、お散歩したり
                     お喋りに付き合ってくれました。

そんな、努力のお陰で、私たちは安心して生活をして来れた訳です。

お金は全てでは無いけれど、お陰で、沢山の景色を知る事も出来たのは
                               紛れも無い事実です。

こうした、両親の生き様は、私が「子」として見て来ただけの事で
本当の苦労や、大変さは分らないのです。

だから、「その人」の記憶や、感じたことは、簡単に考えてはいけない。


                             そんな風に思いました。                      
[PR]
by kianchan | 2009-06-13 11:47 | フッ。と思ったこととか